黙殺をするのがいい対応策

出逢い系Webサイトを使用する上で一番注意をしなければいけないところは
悪徳なWebサイトの罠にかからないということですね。
悪徳なWebサイトの罠で最も被害が多いものは『サクラ』の手段となります。
サクラというのは、女の方の会員になりすまして、甘いことや魅惑的な誘いで近づいて、
高額の利用料を要求したりしてだまそうとしたりしてくるメールのことをいいます。
個人でやっていることもあるのですが、大半は悪徳業者がやっております。

臨時で雇ったサクラ達からメールを送信させたり、悪徳業者の中にはオートマチックにメールを送るするような
サクラの手段をもうけているような極悪出逢い系Webサイトもあるんです。
このようなサクラは出逢い系サイトを利用しているWeb上で男の人の会員に
「すぐにでも逢いたい」だとか「○○ですよ♪一度あえないかな?」等とメールを送信してくるのが普通でした。
しかし、近頃ではサクラに対する注意もかなり強まっているので、
悪質業者に指示されているサクラ側も「いったい、どうしてメールの返送をくれないのですか?」や「メールは着いてるのかしら?」等と少し見ただけでは、わかりにくいような類いのメールを送信してくる事例が増加してきました。

本音を申し上げますと、出逢い系サイトで悪質なサクラが全くいないWebサイトは
ほとんどございません。
悪徳業者であるならば摘発するという事もできるのですが、個人がそのような行為をしている場合は警告等が追いつかず
Webサイト自体は良い出逢い系サイトであったとしても摘発の発動がついていかないのも事実なのです。
サクラはたいていその手段が決まっているのです。
杜撰な業者ですと定型文等を使いながらメールをしてくるサクラ等もあります。あやしい内容のメールを受信した時は出逢い系サイト上でそのような決まった文章で検索をしてみると調べることができます。
悪徳業者のサクラの手段は毎年、巧妙になりつつあります。
うますぎる話メールには絶対に返信などしないで黙殺をするのが最適いい対応策でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です